合宿とHSRトレーニングレース 2019/2/12

非常に濃厚な3日間だった。未だ、合宿ロスだ。要は楽しく、キツク、刺激に満ちた素敵な時間だった。レースの事とか練習の事は他の皆さんが書くと思うので、雑感と言うか、駄文を。

9日、仕事を終えて輪行で肥後大津まで、付近をサイクリングして宿舎にてチームと合流。いきなり風呂だ。初対面でいきなり裸のお付き合い的な(笑)。夕食、ミーティングなど。緊張しつつも和やかな夜。関東、関西メンバーとも初対面のご挨拶。ブログやSNSでしか知らなかった超人たちと生で対面してテンション上がる。また、関東組との会話の中でBLUE GRASSの話、金子さんの話が。改めて、金子さんの面倒見の良さ、情熱を思い出してしんみりとなる。色々あって解散という結末になってしまったが、前所属チームの看板を汚さないように全力を尽くさねばと改めて気合。自分の実力とのギャップに悶々とする日々だけど、一歩、一歩だ。

そして、待望のサプライヤー様からのシューズカバー、ソックス、チームから供給のシャツ! ジャージがまだなので、マダマダ一体感には乏しいですが、一歩一歩、チームの一員になって来てる嬉しさ。この後、クリート穴開けたり、試着したり。FOOTMAXシューズカバーは想像以上の暖かさとフィット感。今まで、他のメンバーのを見て、寒さを懸念してましたが、少なくとも九州の冬には全く問題なし。脚の拘束感が皆無!これは布製の良さですね。ソックスも各種。いずれもフィット感よく、アーチのサポート感、靴の中での無駄な脚の動きの抑制効果、ばっちりです。自分は朝練してそのまま出勤が多いので職場でもイケル、黒を追加発注してるので、みんなよりちょっと品数多し。Tシャツも家族分込です。残念なことに、娘は “寝間着にする” とのことでした。数年前に赤兎馬シャツを与えた際は着てくれたのですが・・・お年頃だし、仕方ないか・・・Tシャツに罪はありません。

10日、チームTTはコースを把握していなかったのでコーナーなどグダグダ。チームに迷惑をかけてしまう。バタバタと今度はロード。後方で落車した選手のケアなどしつつ周回を重ねる。最後尾は無駄にインターバルかかってキツイはきついが耐えられない程ではない。ラスト2周かな。ストレート前で向かい風で集団が減速する手前のヘアピン前で集団から抜け出すして先頭を追う。自分と全く同じタイミングで江川さん行く。自分に付いて先頭にジョインさせようと思い懸命に踏むが、後方確認すると自分の後ろには縦に伸びた集団が(涙)。アタックにキレがなく、江川さんのブリッジを邪魔しただけだったという・・・後は残念な集団ゴールだった。

アフターのジンギスカンパーティも美味しく楽しめた。九州の他チームのみんなと話せたのも良かった。また、自動車レースに参戦されていた自分の研修医時代の最初の指導医だった篠原教授とばったり! レースどころじゃない位、動揺した(笑)。予期せぬ場所で予期せぬ人と会うとね。うん。近況報告したり、本気で自転車に取り組んでる事をお話し。激励して頂く。医師にとって最初の指導医って、一生、頭が上がらない。また、どんな医師に育つか大いに影響を受ける大きな存在。何年経とうと、師匠の前では一生、研修医のゴウジンですわ。今の医師としての自分の根っこを造って下さった恩人に応援して貰えて、こんな嬉しい事はない。自転車競技の色々を解説する余裕はなかったが、嬉しいハプニングだった。

で、夕食は白川よりまだ先、らくだ山という地鶏の炭火焼のお店。すごい繁盛店、納得のお味でした。ユージさんのセッティングでした。流石、美味しいお店をよくご存じです。今回の合宿でユージさんが本当に銀輪さんだけじゃなく、我々VC福岡、九州の自転車界全体に大きな貢献をして下さってる事を実感した。強いだけじゃない。なかなか出来ない事だ。改めてリスペクト!お会いするとエネルギーをもらえる。そんな大先輩。

で、最終日の11日、小雨の中、100㎞超のノンストップ周回練習。程よいアップダウン、信号無し。地元の池田君のセッティング。これはヒット。私の走りはダブルプレーだったが。

空港近くのお店でステーキ、ハンバーグ、サラダバーで満腹、快適に江川カーに同乗させて頂き帰宅。

広告

いよいよ回復週 2019/2/11

いつもの月曜日、週の始まり。今週の難関は、不安定な天気と水曜日の勉強会だ。難易度は3級山岳といったところ。容易に越えられるか? 中期プランとしてはこの週末の合宿まで頑張って1週間の回復週とする予定。回復週終盤に20分走のテストを考えている。恐らく数字は向上している。間違いない。ただ、向上してどうなるかというと、自分に課すノルマがよりキツくなるだけだ(笑)。

2/4 まだ先週金土の疲労がある感じ。朝の糸島ぐるり。62㎞、TSS96。追い込んだ内容ではないが継続が大事。

2/5 チーム練、なかったので独りで山に。。三瀬旧道が開通したとの情報があり久々に走る気満々。何人か行きそうな人もいたので曲渕までの8分走を4本、230~250wで。登ってくる人いたら合流して頂上までというつもりだったが、結局、4本終了してしまった。下ってると2人、登って来た。暗くてよく見えなかったので折り返して確認、合流と思ったが、インターバルで瀕死だったので追う力が無い(笑)。後日、EG氏とヨッシーだったと判明。糸島峠280w、日向峠230wでこなして出勤。込々62㎞、TSS153.

2/6 雨。固定ローラー。ZWIFTのレースで長時間のSST予定。220-230w位で丁度良い集団に合流して1時間頑張った。で、車が使えなかったので雨装備、着替えも持って出勤、夜の講演会が糸島医師会病院という絶妙な場所、初、野北など廻って練習も兼ねる。合計91㎞、TSS166。

2/7 久々のチーム練。志賀島1周。段々走れるようになっている気もするが、人数が少なくて強度が低めだっただけかもしれない。凹むことの方が多いチーム練だが、継続あるのみ。

2/8 山練。梶原氏と二人。久しぶりの三瀬旧道、懐かしい。こんなに暗かったっけ? 通れるのは分かってたけど、通行止めなのに通ってって何かトラブル起きたら大顰蹙。自粛してました。強度は弱め。44㎞、TSS101. 週前半に頑張れているので少し、抜こうという意識で。明日は合宿で熊本へ移動だが、2/10のレースもあるのでサイクリングだ。久々の輪行でわくわく。全行程自走だとレース、マズイ。大牟田まで西鉄で行けばコスト的にも走行距離的にも丁度良いかな。

2/9 朝練なし。仕事~雨だったし肥後大津まで電車、合宿合流。休息日になった。明日はレースだし、それで良い。

2/10 HSRでのチーム主催のイベント。詳細はVC福岡のHPでご覧下さい。自分のレースについては別途、投稿します。

これで1週間終了。連休なので、期分けがずれる感じだが、一応まとめると、18時間10分乗って、432㎞、TSS905. レースと前日休息があったので概ね、目標クリアです。レースやチーム練でも結果や他者から見た走りはまだまだ全然ですが、ベースの力は底上げされている感覚は持てています。チームからも現時点で結果を云々より、まず、土台をというアドバイスを頂いているので現状のトレーニング継続がプランです。3週頑張って1週緩めるというサイクルでやっているので、今週は頑張るのはチーム練のみにしてTSS700程度かと思っています。

2019年1月サマリー

早いもんです。もう2月か。

1月は88時間16分乗車、2188㎞、TSS4216、41689KJ、獲得標高15812m。

今月のテーマは土台となるボリュームをしっかりこなすことでしたので、その点では文句なしです。堂々たる数字ですし、誇っていいのかな。トレーニングの質、量への体の順応が進んできている感覚があるのも良い点です。しっかりした土台に高強度のトレーニングを積み上げて行きたいモノです。

VC加入前に抱いていた懸念として、トレーニングのボリュームそのものがこなせない。強くなる以前の問題で脱落。というのがあったが、少なくとも、もう一段階、上の選手になることにトライする資格はある事を確認できた。トライし続ける。

チーム練で千切れる問題は、一つはエコノミー、フィジカル両者の要素。脚を残す走りとフィジカルへの負荷は裏表の関係とも思える。しかし、練習の最終局面に生き残らなければ自分の限界を超えた負荷は得難い。チーム練だし自分よりフィジカルの強い選手たちに見合った質の確保も重要だ。道は険しいが、今のトレーニングの継続が最短の解決方法だと思う。ローテをパスしたりツキイチになったり、それでも千切れたり。メンタルにも厳しいけどね。やるさ。うん。

2月のテーマは1月と同様、乗り込み。2000㎞/TSS4000/40000TSSKJといったところ。3/3のきららを境にレース対策に入っていく。3/17の九チャレに向けて。

雨にも負けず当直にも負けず 2019/2/4

当直と土曜勤務、週半ばの雨予報がある難関週だ。

28日 雨雲レーダーで数時間後に小雨。週の初めだ。強気で行け!通常装備で5時前出発するも今宿で本降りに。びしょ濡れ帰宅。着替えてると雨やんで自転車出勤。なんだかな・・・夜練を頑張り過ぎると明日のチーム練に響く。強度は落として遠回りで帰宅。しょっぱなからTSS80と低調なスタート。先が思いやられる。

29日 チーム練 糸島。相変わらずのボロ雑巾だが、ぶら下がってるだけマシだろうか。助言をもらいノーマルチェーンリング発注(52/36)。コンパクトだと、このレベルはツライ。通勤込75㎞、TSS150.

30日 木曜雨予報にてチーム練参加予定していたが、前夜から体調不良。早目に就寝するも1時ごろ覚醒、寝汗が酷く、寝付けない。体は疲れているのに朝まで眠れず。熱や感染症の兆候はない。大事をとって休息にした。仕事は問題なくこなし、夕方は体調が戻っていたので峠でメニュー。糸島峠10分255w、曲渕に下って折り返し、4分290w、末永に下って日向峠11分252w。44㎞、TSS124.あまり無理した気はしないが、良い出力が出てる。

31日 雨。5時から固定ローラーSSTと決めていた。53分223w。ZWIFTのお陰で挫けずにこなす。L3と流し、計1000KJ、TSS101.最低限の練習はクリアして雨装備で当直入り。明日の当直明けにしっかり乗るつもりなので、嫌だったけどカッパ隊で出動だ。

1日 昼過ぎに上がる。長野峠を越えて七山へ。通常のルートではなく謎の限界集落経由。舗装路ではあるが落ち葉、枝、石が全く除去されていない面白い道(笑)。当直明けの気分転換にピッタリ。七山の道の駅で折り返して嘉瀬川ダム周回して帰宅。4時間半103㎞、TSS231.

2日 出勤日にて北野練に行けない。しっかり乗れる時間はとれるので2部練計画していた。きっちり追い込みたかったが単独は厳しい。代りに朝と終業後に分けて仲間たちに鍛えてもらう作戦。

朝はKidとO俣氏が糸島で。コースはいつものぐるり。65㎞、TSS140.昨日のダメージがツライが耐える。北野はこんなに楽じゃないと自分に言い聞かせる。

で、仕事、きっちり看護師さん、患者さんに追い込まれる。TSS??。

あがって中之島公園へ。ゾノさんと合流、五ケ山への道中、アッキーとも合流。周回練。9㎞弱を5周。元気な二人と開始前から脚パンの自分。繰り返されるペースアップに根性で耐える。いいぞ。北野の帰り道はこんなムードだ。90㎞、TSS194. ふらふら。

一人では望むべきもない量と強度で追い込めた。最高のチームに加入し、チーム練で揉まれ、参加出来ない日も最高の仲間にすぐ助けてもらえる自分。幸せ者だ。この環境を無駄にはしない。強くなろう。

3日は待ちに待ったアクティブレスト。3本ローラーで40分ほど、脚を回していい汗をかいて終了。

色々と障害の多い1週間だったが、終わってみれば、20時間26分走行、TSS1058、501㎞。3週頑張ったので今週は回復週というサイクルなのだが、週末の熊本合宿まで頑張って、来週を回復週にするプラン。週単位の目標値は20時間、500㎞、1000で行く。

順応 2019/1/28

21日 1週間の始まり。関本氏と朝練。二見が浦。桜井峠経由。九大で折り返して九大側を更に2回リピート。なかなかの強度で頑張れた。TSS105 46㎞。

22日 チーム練 人数多目、一人一人の牽引時間短め>強度高めという地獄。耐えて、耐えて、耐えきれなくて、耐えて。。。TSS128 65㎞。

23日 チーム練(補習?) チーム練の日ではなかったが意識の高い若手の呼びかけで5人も集まる。最高だな。この感じ。レースに出るメンバーで日常的に良い練習が出来る。誰かが言い出して自然に仲間が集まる。もう一度だけ言う。最高だ。BGも最高のチームだったけど、地元ではなかったのでこういう一体感は未経験だった。皆で山へ。明日もチーム練なのでSSTで行くつもりだったが、若干、想定より高めの強度。三瀬4.5倍、糸島5倍強、日向4.5倍。FTPが上がってそうな手応えは感じる。テストしたいが、乗り込み期なのでフレッシュになるタイミングが無いな(笑)。TSS122 45㎞。気分も良かったのでちょっと頑張り過ぎた感が否めない。明日に向けて節制、回復しろ。俺の脚。

24日 チーム練 どうしても最後のスプリントまで脚がもたん。ボーラウルトラを投入するも豚に真珠。悔しいなあ。情けないなあ。若者が今の自分のレベルのトレーニングをこなしたら大化けしてるだろうね。おっさんの悲哀だ。ほんの少し、強くなれている事はデータや感覚では理解できている。それが自分のモチベーションだ。だけど、周囲からは感じとれないであろうちっぽけな進歩。まあ、そんな事は想定内だ(笑)。腐るのは簡単。腐ったら楽だろうけど何も楽しくないだろ。仕事も遅れそうになってサンパレスまでの江川さんの高速牽引で何とか到着という情けない朝。

25日 朝練。今朝は3連続のチーム練で燃え尽き気味だったので関本氏にお願いして仲間を集めてもらう。KID、I上、関本、川上、タケヤマン。ハニーまでは前が250弱でローテ回す。長目に牽引。ハニーからはペースを落とす提案して流す。>ペース落ちすぎて寒いのなんの(笑)。少し、リフレッシュ出来て良いライドだった。出勤まで時間あったので少しだけ独り補習して出勤。

26日 チーム練(北野練)。7周目終わりでいよいよ終盤に向けて!という局面でパンク。壮絶な破裂音を響かせて終了。スペアタイヤになってしまったので万が一の再パンクで走行不能になるのでアフターはパスして離脱。しかし、今日はTSS300弱はやるぜって日なので直帰はしたくない。近所ならトラブってもどうにかなるぞと、小笠木越えたり中之島公園を回ったり、適度にボリュームをこなして帰宅、117㎞、TSS213.昼食とって家の事やらいろいろしてからローラーでSST30分。TSS57.ローラー終わったら雪景色になっててびっくり!

27日 待ちに待った休養日。朝から車で五ケ山に。息子と犬連れ。両者とも大喜び。昼食は家族でどさんこ訪問予定だったのだが、偶然、チームも計画していた模様。みんなに紹介も兼ねていいねと思っていたら・・・お休み! 落胆して帰宅。残念。下調べしとけばよかった。やれそうだったので夕食前にローラー。SST25分、レスト、ダッシュ3本。1時間、TSS71.

強くなった実感は希薄なんだが、トレーニングのボリュームに体が順応して来ているのは明らかに感じる。日常の倦怠感などが軽減している。進歩していると信じたい。

乗車時間20時間少々、距離497㎞、TSS1018.自分に課したノルマは無事達成。来週も同等の目標設定で積み上げる予定だが、週半ばの雨と木曜の当直という超級山岳がある。土曜も仕事だ。まあ、大抵の事は気合で何とかなるさ。

海中クリテ前後 2019/1/21

12日 クリテ前日だ。11日に二部練で頑張り過ぎた感じがある。思い切って完全休養。

13日 移籍後初戦。頑張りたいと同時にチームの主催レース。救護という重責も担って参加。起床すると雨。妻から車の使用許可をもらえた。感謝して車で。荷物も多かったので大いに助かった。設営などチーム総員で取り組む。ここまでの準備は佐藤監督夫妻、藤野氏、海浜公園関係者の尽力。実際に現場でレースを主催するために必要なエネルギーの総量を目の当たりにして改めてリスペクト。最初の2カテゴリーは落車なく進行。実力差も大きいクラスで集団が小さい事も幸いしたのかな。ウェットな路面に関わらずパンク以上のトラブルがない。ありがたい。緊急時に速やかに連絡を取るべき近隣の救急病院の番号などをメモリーに入れ、落車の場所、状況によって、駆け付けるのが良いか、本部までけが人を連れて来る余裕があるのか、搬送のための車を入れる判断は? 色々、シュミレーションしつつ自分のレースのためのアップなどして過ごす。

結論・・・救護担当者がレース出走ってダメだろ(笑)。救護担当者なのに出走メンバーに加えてくれたチームに感謝しつつ、自分の中でそう判断。仲間内のイベントではなく、きちんとorganizeされたレース。救護だけが適当だったなんて言うケチはつけたくない。クリテでの落車ってコーナーでの多重落車、スプリントでの高速での落車など、起こってしまうと結構大変だ。自分が集団内で走ってたら下手したら気付かない。もしくは自分も落車。洒落にならない。後方待機して安全に練習させてもらおう。が、非常に濃いメンバー。単独走行ではキツイ(調子も悪く、脚も無かった)。早々にDNF宣告を受けてしまう(涙)。本部待機。終盤で集団落車があり擦過傷を負った2名の選手の処置を行ったものの大事なくレースが終わって本当に良かった。今後も主催イベントに関してはDNSもしくは後方待機での参加になるかな。チーム員に白衣組は複数いるのだが、残念ながら(?)自分以外は勝ちを狙うべき立場の選手だ。フォア・ザ・チームで行こう。

14日 げつ氏を含む変則チーム練。ぼろ雑巾のように引きずり回される。そのつもりで参加した訳でひたすら耐える。141㎞、TSS263. よく頑張ったよ。オレ。

15日 朝練参加予定だったが、起床して自転車にまたがるもどうにも動けない。だめだ。VC加入後、初の練習予定日の欠席。自転車装備のまま再度就寝。で、普通に起きて出勤。自転車で。・・・乗れるやん。きついなんてメンタルやん。サボりと一緒やん。猛省。前日、TSS263だし、止むを得ない部分もあるが、こういうのの積み重ねが差を生むんだよね。夜、日向経由で帰宅。ある程度、回復していることを確認。

16日 チーム練、糸島。いつものコース。ただ、チーム事情(?)でいつもはリラックスライドに切り替わって談笑しつつ進む桜井峠手前から九大、今宿が全開走行。一度、無事に終わって安堵していたのでキツイノナンノ。桜井峠なんてもう、死ぬ思いでした。仕事して帰りは今、一番気に入ってる藤崎の紺青でパン購入、帰宅。

17日 チーム練、海中。頭を使って走れ。オレ。持てる力を最大限に使って自分もチームも良い練習になるように。課題の多かった日。夕方はVC福岡OB、スポンサー、自転車のいいとものよっしー様を表敬訪問&新店舗へ移転オープンのお祝い。広くておしゃれな店内にまだ、慣れてない様子で若干、挙動不審(笑)。ますますのご発展をお祈りして花束贈呈。忙しそうやけん、体壊さないように頑張って下さい!

18日 梶原さん、関本さんと朝練。最近、平坦が多かったので峠へ。曲渕、糸島峠、日向峠、金武折り返しもう一回日向峠。ムチャクチャ、疲れてて布団の中で脚が攣ったりしてたけど、そこそこのペースで走れた。強くなった実感は全く無いが、凄くキツイゾーンで粘れるようになってる気もする。

19日 北野練~アフター含め130㎞。

20日 待ちに待った回復日。3本ローラーでL2を50分x2、犬とトレイルラン、少々、生き返った気がする。

週間走行時間21時間39分 566㎞ TSS1085.

堂々たる数字だ。数字だけ見ると大満足。質や走り方、スキル。課題は山積み。ひとつひとつ。

回復と怠けの狭間 2019/1/11

体調崩さず、何とかやれてる。

1/4 朝練は糸島、66キロ、二時間半、TSS105。疲労でペース上がらない。単独だし。我慢。中盤から上げられた。仕事初め。元旦から当直してるから今更感満点。定時であがれたから日向へ。25キロ、1時間、TSS47。

1/5 今日も仕事、北野行きたかったぞ。孤独に朝練。しかも雨。ローラー。SST中心のメニュー、34キロ、1時間、TSS67。帰宅して夕食前に3本ローラーで流し。TSS37、1時間。明日のチーム練が恐ろしい事と、今週のTSSがもう950越え。軽く済ませた。

1/6 チーム練、なにげに今までは朝練でしかチーム練習としては走ってないんだよな。軽く緊張して集合場所へ。濃いメンバーに翻弄され、北野サーキット、土手、ドラゴンロードと満喫、オールアウトでした。5時間134㎞、TSS252。

1/7 回復日に充てた。糸島ぐるり位なら出来た気もするが、腰が悲鳴。この辺りの体の声を黙殺するか否かがとても大事だと思う。“回復と怠けの狭間” ってヤツだ。従来は、回復より怠けの要素が強かったように思う。

1/8 全身の倦怠感は随分よい。チーム練糸島。66㎞、TSS114。やや強度低めで命拾い。その分、夕練で補習、糸島峠。先週、日向を走って、下りが危ない気がしたので。49号は交通量が多い。糸島峠は曲渕への下りは直線的だし、263に出てからは幹線道路なので明るい。29㎞、TSS50。

1/9 昨日の補習のせいか脚がいやいやさん。強度を下げてボリュームを稼ごう。三瀬越えて北山、長野峠、49号、飯氏で出勤。61㎞、TSS115.いやいやさんの脚も1時間ほど走ると回るようになる。長野以降は良い負荷をかけられた。ただ、寒すぎ、暗すぎた。この季節の朝練でこのコースは良くないね(笑)。行く前から分かれよ、俺。明日のチーム練もあるので夕練は通勤のみ。帰宅したら犬は既に家族が散歩済みだったが、いやいやさんで全然、歩かなかったそうだ。自分が誘ったら嬉しそうについてきて、もう一回、散歩。自分が練習ばかりしてるので密かに心を痛めているのかも知れない。すまんな。

1/10 チーム練。海中。2週半/4周まで耐えるがそこからツキイチ。悔しい。絶対的な弱さは日々の蓄積で解決するしかないのだが、牽引時間、強度などスキルにも改善の余地あり。悔しがるだけでは進歩はない。帰宅は直帰。81㎞、TSS153.

1/11 久しぶりに梶原さんと朝練。色々と話せたし楽しい時間。たまにはこういうライドもないとな。46㎞、TSS87.正月休みなしで働いたので午後は有休とった。三瀬さと山でカツカレー、北山~長野、49号、日向、帰宅。67㎞、TSS122。充実した平日。明日はリカバリーして日曜は海中クリテ。

回復は充分ではないだろう。が、やるぜ。やる。